レンジフードファン付属のグリスフィルター(注) 左記以外のもの 電気こんろ電気レンジ電磁誘導加熱式調理器 80cm以上 100cm以上 (注) 「レンジフードファン」とは、電気用品取締法施行令別表第一・9(1)に規定する換気扇(厨房用)で機器の一部を天蓋とした風量 ��C9��ֹ�O)WBd�����b�����lg�h1z~F���Bؗ��&��Vj�3��^��h���~�q�P��WkE;��� S%�2��/����[�dn&�6�e]���_Z�-W��)A_�����$ׯ��n�A��9�B u�R2>��r �Gq�h� G�. 特定業務用途に供されるガスメーターの換算述べ号数が180号以上の建物, <注1> 特定地下街等とは、ガス事業法及び液化石油ガス法における呼称であり、消防法では「消防法施行令第21条の2第1項第1号及び第2号に定めるもの」をいう。, <注2> 特定地下室等とは、ガス事業法及び液化石油ガス法における呼称であり、消防法では「消防法施行令第21条の2第1項第3号及び第4号に定めるもの」をいう。, <注3> 超高層建物及び特定大規模建物とは、ガス事業法の建物区分による呼称である。, <注4> 一般的に、今後新設される建物については規制されない。詳細は、解説(5)、(6)による。, ガス機器(一定位置に固定しないで使用されるガス機器にあってはガス栓。以下同じ。)から水平距離が8m以内で、かつ、天井面から30㎝以内の位置に設置すること。, ガス機器から水平距離が4m以内で、かつ、床面からの高さ30㎝以内の位置に設置すること。, (3) 高さ距離は天井から30㎝以内、水平距離は検知方式等の違いにより8m以内又は4m以内の位置に設置する2種類のものがある。, (1) 制御器(部)は、高温となる場所、水等がかかる場所及び衝撃を受ける場所を避けて設置すること。, (1) 遮断弁(部)の作動により、ガス機器へのガスの供給を遮断できる位置に設置すること。, ガス厨房機器を設置する周囲に「可燃材料、難燃材料又は準不燃材料による仕上げをした建築物の部分等」又は「不燃材料で有効に仕上げをした建築物の部分等」がある場合には、離隔距離をとるか、又は有効に防護すること。, (1) ガス厨房機器は、離隔距離の表示銘板に表示してある離隔距離に従って設置すること。, (2) ガス厨房機器は、離隔距離の表示銘板に表示してある可燃物からの離隔距離の標準タイプとしてAタイプ、Bタイプ及びCタイプがある。, なお、離隔距離の表示銘板に床面の構造が表示されているものは、その条件に従って設置すること。また、上方の離隔距離について離隔距離の表示銘板に「フード」と表示してあるガス機器は、上方に排気フード付排気筒<注>を設置すること。, 表Ⅴ―1―1 Aタイプガス厨房機器と「可燃材料、難燃材料又は準不燃材料による仕上げをした建築物の部分等」等との離隔距離(㎜以上), フライヤー、オーブン、グリドル、食器消毒保管庫、煮炊釜、炊飯器、煮沸消毒器、めんゆで器、湯せん器、食器洗浄機、焼き物器、蒸し器, 表Ⅴ―1―2 Bタイプガス厨房機器と「可燃材料、難燃材料又は準不燃材料による仕上げをした建築物の部分等」等との離隔距離(㎜以上), 表Ⅴ―1―3 Cタイプガス厨房機器と「可燃材料、難燃材料又は準不燃材料による仕上げをした建築物の部分等」等との離隔距離(㎜以上), (2) 《 》内は、Ⅰ章3―30(不燃材料で有効に仕上げをした建築物の部分等)の解説(3)の不燃材料で有効に仕上げた建築物の部分等との離隔距離, 注1) レンジについては、オーブン部に温度調節器を有しないものは1,500㎜以上とする。, 注4) ここで言うバーナが露出とは、機器本体上方の火炎で食材、鍋等を直接加熱するもの。, ガス厨房機器が固定する構造になっているものの地震等に対する措置は、以下によること。, (1) ガス厨房機器は、地震その他の振動又は衝撃により容易に転倒し、亀裂し、又は破損しないよう設置すること。, (2) ガス厨房機器に接続される配管設備は、地震その他の震動又は衝撃に対して、安全上支障のないよう設置すること。, (1) ガス厨房機器は、十分な強度を有する構造物(床、壁、梁等)に取り付けること。, 同一厨房室内の常設形ガス厨房機器のガス消費量の合計が300,000kcal/h又は25㎏/h以上の場合は、届出ること。, ガス遠赤外線放射式暖房機については、CF式、FE式及びFF式の3種類があるので、それぞれに応じた給排気設備を設けること。, (1) Ⅳ章3―4―2(ガス機器の使用制限)、3―5―2(階段、避難口等付近へのガス機器設置)及び3―5―3(避難通路の確保)によること。, (2) 放射を遮る遮蔽物が無く、放射面の近傍には、放射熱で温度上昇すると機能上支障となる配線等がないこと。, ガス遠赤外線放射式暖房機の給気口の位置は、開口部の上端より100㎜以上下げること。, ガス遠赤外線放射式暖房機を設置する周囲に「可燃材料、難燃材料又は準不燃材料による仕上げをした建築物の部分等」又は「不燃材料で有効に仕上げをした建築物の部分等」がある場合には、離隔距離をとるか又は有効に防護すること。, (1) ガス遠赤外線放射式暖房機は、離隔距離の表示銘板に表示してある離隔距離に従って設置すること。, 表Ⅴ―2―1 ガス遠赤外線放射式暖房機と「可燃材料、難燃材料又は準不燃材料による仕上げをした建築物の部分等」等との離隔距離, 2) 《 》内は、Ⅰ章3―30(不燃材料で有効に仕上げをした建築物の部分等)の解説(3)の不燃材料で有効に仕上げた建築物の部分等との離隔距離, (2) 排気吹出し口周囲の離隔距離については、Ⅲ章2―5―2(排気吹出し口周囲の離隔距離)によること。, 緊急の場合、設置場所に近い位置で容易にかつ迅速にガス遠赤外線放射式暖房機へのガスの遮断ができる装置を設けること。, (1) ガス遠赤外線放射式暖房機は、地震その他の振動又は衝撃により、容易に転倒し、亀裂し、又は破損しないよう設置すること。, (2) ガス遠赤外線放射式暖房機に接続される配管設備は、地震その他の震動又は衝撃に対して、安全上支障のないよう設置すること。, (1) ガス遠赤外線放射式暖房機は、十分な強度を有する構造物(床、壁、梁等)に取り付けること。, ガスヒートポンプ冷暖房機の排気を延長する場合、設置・工事説明書に記載されている最大延長以内で行う。また排気筒は屋内を通してはならない。, ガスヒートポンプ冷暖房機を設置する周囲に「可燃材料、難燃材料又は準不燃材料による仕上げをした建築物の部分等」又は「不燃材料で有効に仕上げをした建築物の部分等」がある場合には、離隔距離をとるか又は有効に防護すること。, (1) ガスヒートポンプ冷暖房機は、離隔距離の表示銘板に表示してある離隔距離に従って設置すること。, 表Ⅴ―2―2 ガスヒートポンプ冷暖房機と「可燃材料、難燃材料又は準不燃材料による仕上げをした建築物の部分等」等との離隔距離, (2) 排気吹出し口周囲の離隔距離については、Ⅲ章2―5―3(屋外用ガス機器の排気吹出し口周囲の離隔距離)によること。, (1) ガスヒートポンプ冷暖房機は、十分な強度を有する構造物(床等)に取り付けること。, ガス消費量が60,000kcal/h又は5㎏/h以上のガスヒートポンプ冷暖房機を設置する場合は届出をすること。, ガス温水機器については、CF式、FE式、FF式及びRF式の4種類があるので、それぞれに応じた給排気設備を設けること。, 温水機器を設置する周囲に「可燃材料、難燃材料又は準不燃材料による仕上げをした建築物の部分等」又は「不燃材料で有効に仕上げをした建築物の部分等」がある場合には、離隔距離をとるか、又は有効に防護すること。, (1) 温水機器は、離隔距離の表示銘板に表示してある離隔距離に従って設置すること。, (2) 温水機器は、離隔距離の表示銘板に表示してある可燃物からの離隔距離の標準タイプとしてAタイプ、Bタイプ及びCタイプがある。, 表V―3―1 Aタイプ温水機器と「可燃材料、難燃材料又は準不燃材料による仕上げをした建築物の部分等」等との離隔距離, 表V―3―2 Bタイプ温水機器と「可燃材料、難燃材料又は準不燃材料による仕上げをした建築物の部分等」等との離隔距離, 表V―3―3 Cタイプ温水機器と「可燃材料、難燃材料又は準不燃材料による仕上げをした建築物の部分等」等との離隔距離, 2) RF式の自然排気のガス機器に適用する。RF式の強制排気のガス機器の場合は、次の離隔距離によること。, (3) 排気吹出し口周囲の離隔距離については、Ⅲ章2―5(排気筒トップ・給排気トップ周囲の離隔距離)によること。, ガス温水機器が固定する構造になっているものの地震等に対する措置は、以下によること。, (1) ガス温水機器は、地震その他の振動又は衝撃により容易に転倒し、亀裂し、又は破損しないよう措置すること。, (2) ガス温水機器に接続される配管設備は、地震その他の震動又は衝撃に対して、安全上支障のないよう設置すること。, (1) ガス温水機器は、十分な強度を有する構造物(床、壁、梁等)に取り付けること。, ガス消費量が60,000kcal/h又は5㎏/h以上のガス温水機器を設置する場合は届出をすること。, ガス衣類乾燥機を設置する周囲に「可燃材料、難燃材料又は準不燃材料による仕上げをした建築物の部分等」又は「不燃材料で有効に仕上げをした建築物の部分等」がある場合には、離隔距離をとるか、又は有効に防護すること。, (1) ガス衣類乾燥機は、離隔距離の表示銘板に表示してある離隔距離に従って設置すること。, 表V―4―1 ガス衣類乾燥機と「可燃材料、難燃材料又は準不燃材料による仕上げをした建築物の部分等」等との離隔距離, 注1) ガス機器後方の離隔距離を定めていないのは、排気筒が設置されるからで、排気筒の設置に関してはⅡ章2(排気筒・給排気部)を参照のこと。, ガス衣類乾燥機が固定する構造になっているものの地震等に対する措置は、以下によること。, (1) ガス衣類乾燥機は、地震その他の振動又は衝撃により容易に転倒し、亀裂し、又は破損しないよう設置すること。, (2) ガス衣類乾燥機に接続される配管設備は、地震その他の震動又は衝撃に対して、安全上支障のないよう設置すること。, (1) ガス衣類乾燥機は、十分な強度を有する構造物(床、壁、梁等)に取り付けること。, 都市ガス及び液化石油ガスを消費するガス機器を業務用厨房等に設置する場合は、油脂対策、逆流防止対策及び異常時のガス遮断等の安全対策を考慮しなければならない。, 燃焼排気フードを介して、排気ダクトで排出する場合は、油脂対策、逆流防止対策及び異常時のガス遮断等の安全対策を考慮しなければならない。, 油脂を含む蒸気を発生させるおそれのある常設形ガス厨房機器の排気フードには、蒸気に含まれる油脂等の付着成分を有効に除去できる装置(以下「グリス除去装置」という。)を設けること。ただし、排気ダクトを用いず排気フードから屋外へ直接排気を行うものにあっては、この限りでない。, 油脂を含む蒸気を発生させるおそれのある常設形ガス厨房機器に設ける排気フードには、火炎の伝送を防止できる装置(以下「火炎伝送防止装置」という。)を設けること。ただし、排気ダクトを用いず排気フードから屋外へ直接排気を行う構造のものにあっては、この限りでない。, 同一室内に油脂を含む蒸気を発生させるおそれのある常設形ガス厨房機器と半密閉式ガス湯沸器を設ける場合は、油脂が当該ガス湯沸器に流入しないような措置を施すこと。, 風の影響によるダクト内の燃焼排気の逆流に起因する中毒事故を防止するため、機器設置室の換気状態に重大な影響のあるダクト設備については、ダクトの通気抵抗及び屋外の風圧に打ち勝つ適正な排気能力を確保することが必要である。, また、共用排気ダクトから各枝ダクトへの燃焼排気の逆流を防止するため、複数の排気ダクトを合流する共用排気ダクトは、頂部に必ず排気ファンを設け、ダクト内が負圧となるように設計すること。, 排気システムが異常な状態になったときに、ガス機器の正常な燃焼が妨げられることにより発生する中毒事故等の災害を防止するために、ガス機器へのガスの供給を遮断し、当該機器の使用を停止させる。, 排気システムとガス機器の安全システムを考える場合、排気システムの異常な状態を捉えてガス機器へガスの供給を停止させるシステムとすること。, ガス遮断システムは、ガス漏れ、火災、地震といった緊急の事態及びガスの供給に係る異常事態が発生した場合に作動させることを基本としているものであるが、本指針では排気システムの異常によってガスの供給を遮断しようとするものであることから、この目的にあった適切な遮断装置を選択すること。, 下方排気方式は、油脂対策、逆流防止対策及びガス遮断対策等の安全対策を考慮しなければならない。, 下方排気方式によるガス機器は下方排気方式によるガス焼肉等用機器(業務用)としての検査に合格したガス機器であること。, 油脂蒸気を含む排気の下方排気方式ダクトは、直接屋外に通ずるものとし、他の用途のダクト等と接続しないこと。, 下方排気方式ダクトは、耐食性を有する鋼板又はこれと同等以上の耐食性及び強度を有する不燃材料で造ること。, 下方排気方式ダクトは、ダクトの出火・延焼を防止するため維持管理が容易で、油脂の付着をできる限り抑制し、油脂の漏洩を防止した気密性を保持した構造とし、点検・清掃に必要な点検口を設けること。, (1) 曲りの数を少なくし、下方排気方式ガス焼肉等用機器との接続部分以外の立下がりは避け、内面を滑らかにすること。, (2) わん曲部等の必要な箇所(ダクト部分及びダクトを覆う部分)には、点検・清掃に必要な点検口を設けること。, (3) 下方排気方式ガス焼肉等用機器と下方排気方式ダクトの接続部は、気密性を有すること。, 油脂を含む蒸気を発生させるおそれのある下方排気方式ガス焼肉等用機器と接続された下方排気方式ダクトにはグリス除去装置を設けること。ただし、下方排気方式ガス焼肉等用機器本体に、油脂を有効に除去できる構造性能を有するものにあってはこの限りでない。, 油脂を含む蒸気を発生させるおそれのある下方排気方式ガス焼肉等用機器と接続された下方排気方式ダクトには、火炎の伝送を防止できる装置を設けること。, ガス消費量が10,000kcal/h又は、0.85㎏/hを超える半密閉式ガス湯沸器を設置する場合は、専用の排気筒を設けて屋外に排気しなければならない。従って、半密閉式ガス湯沸器の排気筒を排気ダクトに接続したり、フードを介して排気を排出してはならない。, 建築物では、ダクト、階段、消防用設備などを共用して使用する場合が多いことから、火気使用設備及びこれに付属するフードやダクトなどの維持管理は、その建築物に勤務する人々等が共通の認識にたって個々に責任を持ちながら、一体的に推進しなければならない。, 排気システムとガス機器システムが日頃から適正に維持管理され、緊急時において、確実な安全対策がとられるようにしなければならない。, 業務用の排気ダクト及び排気フードは、点検、検査を行い、その結果を記録しておくこと。, フード及びフードと接続する排気ダクト内の油脂等を火災予防上支障のないように清掃し、適切に維持管理しなければならない。, 共用排気ファンを用いて排気するシステムは、共用排気ファン、安全装置等の管理者もしくは専従者により定期的に保守・点検を行うこと。, 公布等年月日_【平成04年02月18日】, 法令分類_通知(質疑以外), 発令種別・番号_【消防予第29号】, 法令名_【業務用ガス機器の設置基準について(別添Ⅳ章~Ⅴ章)】. 法律では、コンロから80センチ以上とあります。ということは、もしこの法律がないと、70センチとか60センチとかにしてしまうケースが出てくる、ということだと思うのですが、頭がぶつかることはないのでしょうか?仮に80センチだ レンジフード、コンロとその周囲は定期的に清掃してください %PDF-1.4 %���� H��WM�� �ׯ�s��dI@�� 䚺-r�%{�6��!?��e�����4j�e�"�H>R���O:�q��z�v�ҙ���D|V�×���gR.t}X����O�)��|��y���=8�yѽ�|�n�� ��A1:Ã|&�N�I��/B���Q*���,��ȓ��1�D3�#�q��01)V� �!ߋ�쥝�4;$%놦������j�p?�9�OOc�ُ�m��>i�F���a��iʇ��� �B�>_�� t����`e��H��BhV�ɏ{� キッチンのリフォームなどで、カウンターやコンロの高さなどは気にしても、レンジフード(換気扇)の高さはあまり気にしないことが多いのでは?レンジフードは適切な高さにないと頭をぶつけたり、吸引力が弱まったりしてしまい、キッチンの快適性を大きく損なってしまう可能性があります。ジャストな高さが何センチになのるか、確認してみましょう。, キッチンのリフォームではコンロとシンクの高さを自身の身長に合わせて調整したり、カウンターを高めにしたりと、キッチンで使うモノの「高さ」は重要なチェックポイントです。, その中で、見落とされがちなのがレンジフード(換気扇)です。壁に埋め込まれた、羽型の換気扇とは違い、室内にせり出したレンジフードは、設置位置が低すぎれば調理の際に頭をぶつけ、高すぎればコンロから離れすぎて換気能力が弱まってしまいます。使い勝手を考えて設置位置を決めたいところですが、レンジフードの設置については各種法規によっても様々な規定がなされています。, 建築基準法及び建築基準法施行令では「排気フードの設置高さは、火源または調理機器に設けられた排気口からフード下端までの高さを100cm以下にしなければならない」と定められています。, 一方、火災予防条例準則では「レンジフードファンのグリスフィルターと火源との距離は80cm以上これ以外の物と火源との距離は100cm以上」とされています。, つまり、レンジフードの高さは、コンロから80~100cmの幅をもって調節できるということです。, 建築関連業者の間で言われる、キッチンの高さの目安は、一般的には「身長÷2+5cm」とされます。たとえば身長160cmの奥さんであれば、キッチンの適切な高さは160cm÷2+5cm=85cm。キッチンの高さを85cm、コンロからの高さを80cmとしたら、床からレンジフードまでの高さは、85cm+80cm=175cmということになります。, このケースでは、身長180cmの旦那さんが料理をするとレンジフードに頭をぶつけてしまうことになりますので、もう少し高さに余裕をもたせておく必要があります。家の中で料理をする人が誰で、その頻度がどれくらいなのかなどを考慮してレンジフードの高さを設定するようにしましょう。, なお、IHコンロは、上昇気流がガスコンロより弱いために臭いが低いところでたまりやすいため、レンジフードはあまり高く設定しないほうが効率良く換気してくれるそうです。, また、人気のある対面タイプのキッチンは、室内の気流の影響を受けやすいため、換気効率を優先して高さを決める必要も出てきます。キッチンに立つ人の身長に加えて、部屋の環境や、キッチンの形状なども、レンジフードの高さは大いに影響を受け、快適なキッチン環境の形成に影響を及ぼすのです。, なのに、見過ごされがち。「部屋がいつも煙で充満する」「ガスコンロの前に立つと頭をぶつけてばかりいる」という事態にならないためにも、レンジフードの高さにまでしっかり目を向けて、美味しいお料理を作って下さい。, オウチーノがおすすめする「HOME4U」では、 厳選した1,500社の優良企業から相性の良い不動産会社を厳選して最大6社にまとめて査定依頼が可能です。. なお、離隔距離の表示銘板に床面の構造が表示されているものは、その条件に従って設置すること。また、上方の離隔距離について離隔距離の表示銘板に「フード」と表示してあるガス機器は、上方に排気フード付排気筒<注>を設置すること。 � 次に示す特定ガス消費機器の設置及び変更の工事は、ガス消費機器設置工事監督者の監督のもとに行うこと。, ロ その他のものでガス消費量が6,000kcal/h又は0.5kg/hを超えるもの, 特定工事事業者は、特定工事を施工したときは、特定ガス消費機器の見やすい位置に氏名又は名称、施工年月日その他の事項を記載した表示を付さなければならない。, 次に示す特定ガス消費機器の工事については、軽微な工事として、特定工事から除くことができる。, (1) 特定ガス消費機器を屋外に設置する工事又は屋外での変更する工事(屋内へ位置を変更する工事は除く。)。, (2) 特定ガス消費機器(排気筒及び排気扇)の部品の取替え工事等で材料、位置、形状又は能力の変更を伴なわないもの。, 金属管、金属フレキシブルホース、LPガス燃焼器接続用継手付ホース又は機器接続ガス栓を用いてガス機器を接続する工事は、液化石油ガス設備士が行うこと。, 金属管、金属可とう管、強化ガスホース又は機器接続ガス栓を用いてガス機器を接続する工事は、熟練した配管技能者が行うものとする。, 水道に直結するガス機器の給水接続工事は、水道事業者が指定する水道工事者が行うものとする。, ガス機器の電気接続工事は、コード(移動電線)等による軽微な接続工事を除き、電気工事士が行わなければならない。, ガス消費量が300,000kcal/h又は25kg/h以上のガス設備を設置する場合は、不燃材料で造った壁、柱、床及び天井で区画すること。ただし、ガス設備の周囲に防火上有効な空間を保有する等防火上支障のない措置を講じた場合はこの限りでない。, 開放式ガス機器又は半密閉式ガス機器は、腐食性ガスの発生する場所又はほこりのたちやすい場所に設置しないこと。, ガス機器は、ガス工作物、電気工作物等他の設備に悪影響を与えない位置に設置すること。, (2) 並列設置したガス機器間の給気部分に、互いの燃焼排ガスが流入することのないよう排気方向については十分留意すること。, 使用に際してオーバーフロー、安全弁の作動及びドレンの滴下等が予想されるガス機器を設置する場合は、床面の防水処理、排水管の設置等適切な措置を講ずること。, 排気筒・給排気部は点検、維持が容易にできる場所に設置すること。天井裏等の隠ぺい部に設ける場合は、点検ができるようにし、また修理や取替えに必要な範囲の隠ぺい部材の取外しができるように配慮すること。, 寒冷地又は積雪地にガス機器を設置する場合は、積雪、落雪、着氷及び凍結に十分注意すること。, 積雪地では、ガス機器等が積雪、落雪及び着氷等による悪影響を受けない設置方式とすること。, 温水機器は、凍結防止の措置がとれるように設置すること。又、給水、給湯配管には、その地方の状況に応じて必要な凍結防止等の措置を講ずること。, ガス機器は、人の動作、ドアの開閉、カーテン、家具等に危険を及ぼさない位置に設置すること。, ガス機器を屋外に設置する場合は、原則として、屋外用と表示されたものを使用すること。やむをえず屋外用以外のものを設置する場合は、燃焼を妨げないように、風雨その他の気象条件に対する防護の措置を講ずること。, ガス機器を階段又は避難口等の付近に設置する場合は、避難の支障とならない位置、状態に設置すること。, (1) ガス機器は、地震その他の振動又は衝撃により容易に転倒し、亀裂し、又は破損しないよう設置すること。, (2) ガス機器に接続される配管設備は、地震その他の震動又は衝撃に対して、安全上支障のないよう設置すること。, (3) 地上3階建て以上、高さ60m以下の建築物に、100kgを超えるガス機器を設置する場合におけるガス機器固定のアンカーボルト選定の基礎式は、次によること。, 金属管、金属可とう管、強化ガスホース又は機器接続ガス栓を用い、容易に外せない接続方法とすること。, 金属管、金属フレキシブルホース、液化石油ガス用継手金具付低圧ホース(LPガス燃焼器接続用継手付ホース)又は機器接続ガス栓を用い、ねじ接続とすること。, LPガス用両端迅速継手付低圧ホース、LPガス用両端迅速継手付ゴム管、LPガス用両端迅速継手塩化ビニルホース、LPガス用両端ゴム継手付塩化ビニルホース又はガス用ゴム管を用いること。, 3)ヒューズガス栓の接続口には、ゴム管口とコンセント継手型(プラグ)の2種類がある。ヒューズガス栓には、作動流量が定められているので、設計に際しては、参考資料のヒューズガス栓の選定表を参照。, 4)強化ガスホース及びLPガス燃焼器接続用継手付ホースは、日常の点検ができるよう接続すること。, 6)機器接続ガス栓は、フレキ管に接続されている場合のみ常設形ガス機器に使用することができる。, 金属管、機器接続ガス栓、金属可とう管、金属フレキシブルホースを用いて接続する場合は、ガス機器が日常の使用操作等の外力で容易に動かないように設置すること。, 都市ガス用及びLPガス用の次の接続具は、ガス用接続材料として認められたものであること。, ガス用ゴム管は、折れ、引張り、ねじれ又は踏付け等がおこらないよう設置し、過度に長いものを使用しないこと。, 強化ガスホース、LPガス燃焼器接続用継手付ホース及びガス用ゴム管は、次のような場所に設置しないこと。, (1) ガス機器との接続及び取り外しは、ガス栓出口側自在継手部分(機器接続側の表示のある所)で行うこと。, (4) 接続に際しては、ガス栓入口側のフレキ管に曲げやねじりが発生しないよう注意して行うこと。, ・作業上やむを得ない場合に限り、ガス栓入口側フレキ管のおおむね50㎝以内の部分を曲げ加工することができる。(最小曲げ半径30㎝以下で曲げないこと), 水道に直結するガス機器及び給水器具は、原則として水道事業者が認めた公的調査機関の承認等を得たものであること。, 接地を行う場合は、電気工事士が「電気設備に関する技術基準を定める省令(昭和40年・通商産業省令第61号)」に従って施工すること。, ガス機器を設置する部屋には、次表の建物形態によりガス漏れ(火災)警報設備又はガス漏れ警報器等を設置すること。, 特定大規模建物<注3>

Perl 文字列 抽出, エキサイティング 2020 ログイン, エコバッグ ブランド メンズ, ディズニー チケット付き 飛行機, スペイン語 褒め言葉 女性, リーバイス 生デニム ライトオン, エクセル トリミング 自由, Abs警告灯 リセット トヨタ, 100均 造花 ブーケ, C言語 配列 初期化 0, Hp Pavilion 15-au000 バッテリー交換, イニスフリー アイシャドウパレット オレンジ, コマンドプロンプト 解凍 Gz, 肉まん 冷蔵 常温, スマホ 電話 着信できない ドコモ, プロボックス ディーゼル オートマ, Spd Sdカード 偽物, 豚ブロック ジップ ロック, セレナ ロアアーム 交換費用, アディダス サイズ 見方, 広島 大阪 バス 時刻表, ドアミラー 自動格納 オートバックス, スーツ 着丈 直し, 読解力 本 おすすめ 高校生, ヨドバシ 福袋 ノートパソコン, Surface ペン 書けない, ダイキン エアコン 除湿, シマノ Deore リアディレイラー, ディズニー スタイ シリコン, スプレッドシート 変換 おかしい, Windows10 メーカーロゴ 繰り返し, 英語 例文 中学, 清野菜名 生田斗真 プリクラ, 朝ドラ ファイト 主題歌, ヤマザキ 肉まん 消費期限, ナイキ サッカーウェア ジュニア, 母の日 70代 食べ物,

LEAVE A REPLY:

(this will not be shared)
(optional field)

No comments yet.