4 水分を与えてみる 栄養バランスのよい食事(和食)を心掛ける、脂肪分の多い食事を控える、スイーツ等の糖質を多く含む食品を食べ過ぎない、香辛料等の刺激が強いものを控える、母乳を生臭くしてしまうという刺身を控える等が挙げられます。, ミルクの場合は、使用するミルクの種類を固定せず、いろいろな種類のミルクをあげてみて、赤ちゃんの好みの味を見つける方法が挙げられます。, 母乳やミルクを飲み過ぎると、苦しくて泣き出す、吐き戻しが増える等がみられます。 下痢のときは水分が多く失われます。とくに1日の下痢の回数が多い場合は脱水症状が心配。離乳食開始前の赤ちゃんなら母乳かミルク、離乳食開始後なら授乳または湯冷ましなどを少しずつ与えてみて、水分補給ができるかを確認します。, 低月齢の赤ちゃんは脱水症状になりやすく、感染症の場合は重症化しやすいので早めの受診が必要です。, ●0~3カ月 2010年 北里大学北里研究所病原微生物分子疫学教室勤務 ・抗菌薬の服用の有無   38度以上の熱もあるが元気がある、白っぽいうんちが出た、下痢はあるが母乳・ミルクが飲めるなどのとき。 2010年 北里大学北里研究所病原微生物分子疫学教室勤務 ☆下痢のときのNGケア ・様子を見てOK ・ヨーグルトなどの乳製品や柑橘類(かんきつるい)を与える→消化が悪く下痢を悪化させる心配がある 高座渋谷つばさクリニック 院長 武井智昭 先生 経歴. ●細菌性胃腸炎(さいきんせいいちょうえん) 2018年7月24日 2歳半の娘が急に寝ながらウンチをする様になりました。毎日ではありません。赤ちゃんの時にもその様な事はなかったので驚いています。お尻がかぶれたり気持ち悪いと思うので、寝たままオムツを交換しています。トイレトレーニング中です 消化機能が未熟な赤ちゃんは、食べたものがそのままうんちに出てくることがあります。にんじん、トマト、すいかなど赤い色のものを食べたり、赤い色の薬を飲んだあとに赤いうんちが出た場合は、うんちの色以外に気になる症状がなければ異常ではありません。, 血便だけでなく嘔吐を伴ったり、間欠的に激しく泣くときは至急受診してください。 腹痛とともに激しい下痢や嘔吐を繰り返し、血のかたまりが混じった大量の血便が出たら、この病気が疑われます。 赤ちゃんは消化機能が未発達なため、うんちが下痢のようにやわらかくなるのはよくあること。受診が必要か、様子を見ていて大丈夫かは、赤ちゃんの全身状態やうんちの形状、回数などによって判断します。, 赤ちゃんのうんちは、母乳やミルクなどの液体しか飲んでいない月齢が低い時期ほどゆるめですが、普段よりうんちが明らかに水っぽく、回数が多い場合は下痢と考えられます。, 赤ちゃんは消化機能が未熟なため、離乳食や水分を多めにとっただけでも、一時的に下痢をすることがあります。ほかの症状がなく、元気で体重が増えていれば心配いりません。, 下痢以外の症状が見られない状態の、「ただの下痢」を意味します。うんちの色が緑色になったり、粘液にツブツブが混じっていることがありますが、下痢以外の症状がなく、機嫌がよく、おっぱいやミルクの飲みもよいのなら、心配ない場合がほとんどです。, 下痢以外の症状がある場合は、何らかの病気によって下痢を起こしていることが考えられます。赤ちゃんの下痢を起こす病気にはどんなものがあるが、解説します。, ロタウイルス、ノロウイルス、アデノウイルスなどのウイルスが胃腸に感染してウイルス性胃腸炎を起こすと、嘔吐に続いて下痢や発熱が見られます。一方、サルモネラ菌、カンピロバクター菌、腸管出血性大腸菌(ちょうかんしゅっけつせいだいちょうきん)などの細菌に汚染された食べ物から感染して細菌性腸炎を起こすと、食後に激しい嘔吐、血液の混じった下痢がみられ、腹痛が起こるために赤ちゃんの機嫌が悪くなります。 赤ちゃんのうんちは、1日にする回数、うんちの色、固さ、においなどが大人と異なります。 また、赤ちゃんの健康状態や月齢によっても変化するため、健康状態などを把握する上で重要な指標 … ●ウイルス性胃腸炎 赤ちゃんのうんちはもともとゆるいので、下痢との区別がつきにくく、受診したほうがいいのか悩むことも多いもの。どんなうんちが下痢なのか、どんなときに受診したらいいのか。自宅での対処法など、ママやパパが気になることを、小児科医にくわしく聞きました。 ●アレルギー性腸炎 2 ・周囲に似た症状の人がいるか, 気になるうんちは受診時に写真を見せて 1 体温を測る こそだてハック. 細菌に汚染された食べ物やペットのふんなどを介して起こる胃腸炎です。腹痛とともに激しい下痢(血便)や嘔吐を繰り返します。, 食物アレルギーは食べ物に含まれるタンパク質などにアレルギー反応を起こした状態で、症状の1つとして下痢が現れることがあります。下痢のほかに唇・舌・のどなどのかゆみ・腫れ、じんましん、嘔吐、ゼーゼーする呼吸音、結膜炎など、体のさまざまな部位に症状が現れます。 こそだてハック, 赤ちゃんが成長するにつれて、うんちの回数は減っていくので、「もしかして便秘?」と感じることもありますよね。赤ちゃんの便秘は、母乳やミルク、離乳食など食事と関係が深く、月齢によっても原因が異なります。今回は、赤ちゃんの便秘について、症状や月齢別の原因・解消法をご紹介します。, 赤ちゃんに便秘症状が出るのは、決して珍しいことではありません。元気で食欲があり、スムーズにうんちが出ていれば、1~2日排便がなかったとしても、それがその子のペースなので問題ありません。しかし、以下のような症状が見られる場合は、便秘の可能性があります。, 生後間もない時期の便秘は、腸の発達や授乳回数の減少によるものが多く、便秘というよりは排便ペースの変化だといえます。, しかし、まれに母乳の量が足りないといった理由や、完全ミルクで育てている場合は消化に時間がかかるといった理由で便秘がちになることがあります。, 体重がなかなか増ず母乳やミルク不足が疑われる場合は、医師や保健師に相談して、ミルクを足していきましょう。便秘解消効果のある粉ミルクもあるので、種類を変えてみるのも一つの方法です。, 生後5ヶ月頃から離乳食がはじまります。赤ちゃんの食生活が変化すると、腸内環境にも変化が起こり、赤ちゃんの体の中でも便をためられるようになっていきます。そのため、新生児期~低月齢期に比べてうんちの回数が減ります。, また、離乳食が進むにつれて母乳やミルクを飲む量が減ることから、便の水分量が不足して便秘が起こることもあります。, 3~4日に一度、スムーズに便が出ていれば心配する必要はありませんが、排便の際に苦しそうだったり、硬いうんちが続いたりしているときは、対策をしていきましょう。, 離乳食が進んで、様々な食材を食べられるようになる時期です。しかし、食物繊維が不足していたり食べる量が少なかったりすると、便秘になることがあります。, また、よく食べていても水分が不足している場合、便が硬くなり便秘を引き起こします。さらに、硬いうんちが赤ちゃんの肛門を刺激しすると、痛みを感じて心理的にうんちをしたくなくなってしまうこともあります。, 3~4本の指と手のひら全体でやさしくなでながら赤ちゃんのお腹に「の」の字を描くように、おへそを中心に時計回りでマッサージをします。お腹に大きな円をゆっくり描くようにしましょう。, 赤ちゃんをあおむけに寝かせて両足首を優しく持ってあげて、「右、左、右、左」と両足を交互に動かします。, 赤ちゃんの腿と膝がお腹にあたることで腸を収縮させて刺激し、便秘解消を促します。リズムに合わせて、歌を歌いながら楽しくマッサージするのもおすすめですよ。この動きを2〜3分くらい続けてください。, 赤ちゃんの肛門のすぐ上あたりを指で押したり、軽くとんとんとたたいたりしてマッサージをします。ママの爪がささったり、強く押しすぎたりしないように気をつけてくださいね。, ベビーオイルやワセリンをたっぷり含ませた綿棒を、肛門に挿れて刺激するのも便秘解消に効果があります。綿棒で円を描くようにゆっくりマッサージしてあげましょう。, 水分不足が原因で便秘が続いているときは、離乳食の後に、母乳やミルク、麦茶、白湯などを多めに飲ませるるようにしましょう。, ヨーグルトなど乳酸菌を多く含む食品や果物のペーストなどを食べさせてあげるのも効果的です。, 離乳食に、さつまいもや青菜といった食物繊維を多く含んだ野菜やヨーグルトなどの乳酸菌を加えてみましょう。, また、はいはいや伝い歩きができるようであれば昼間に積極的に体を動かして、腸を動かす環境作りをすることも大切です。体を動かすことでお腹が空き、自然と食事が進み、うんちの量が増えますよ。, この時期は赤ちゃんの体に生活リズムが身についてくる時期でもあります。食事や睡眠の時間を規則正しくすることで、便のリズムも整って便秘の解消が期待できます。, 上記の解消方法を試してみたけれど、うんちが全く出る気配がない、という場合は、小児科を受診しましょう。赤ちゃんの便秘症状にあわせて、専用の機械で浣腸を行ったり、内服薬を処方してくれたりします。, 休日や夜間などで小児科に連れて行かれないときは、家庭で浣腸をしたり、市販薬を飲ませたりするという手もあります。, 先が丸くツルツルとしたノズルで赤ちゃんのお尻に注入しやすい「イチジク浣腸」。生後3ヶ月または4ヶ月健診で発育や健康に問題がなければ使うことができますよ。, 「マルツエキス」は、水飴状で赤ちゃんに飲ませやすい便秘薬やくです。麦芽糖の発酵作用が赤ちゃんの腸の運動を活発にして、やさしく排便を促してくれますよ。, 赤ちゃんの便秘が続いてうんちが硬くなると、腸粘膜に傷がついたり肛門周りが切れたりすることで、血が混じったうんちが出る場合があります。通常は、便秘が解消されれば治まります。, しかし、血が混じったうんちが数日間続いたり、いちごジャム状の血便や全体的に黒っぽい血便が出たりしたときは、病気が原因の場合があるため、早めに病院を受診しましょう。, 赤ちゃんの便秘には、様々な原因があります。赤ちゃんのうんちが出ないときも焦らず、まずは原因をしっかりと探り、月齢にあった適切な対策をしていきましょう。, 言葉が話せない赤ちゃんにとって、うんちは健康のバロメーターです。頻度だけでなく、色や臭い、形状、硬さを日々チェックすることを忘れないでくださいね。, ※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。, 2018年7月11日 うんちのリズムも安定傾向に 便秘や下痢は? 生後4ヶ月になると、一度に授乳できる量が増えてきますし、うんちのリズムも安定してくるころ。しかし赤ちゃんによっては下痢や便秘なのではないかと不安になる子もいるでしょう。 急に激しく泣き、しばらくするとピタッと泣きやんで機嫌がよくなることを繰り返すのが大きな特徴。嘔吐も見られます。いちごジャムのような血便が特徴です。, 赤ちゃんが下痢をしているときは、少しでも楽に過ごせるようにホームケアを行い、赤ちゃんの体力が回復するのを助けましょう。, 下痢をしているときは脱水症状を防ぐために水分補給が大切。柑橘類(かんきつるい)の果汁以外で飲めるものならなんでも構いません。医師の指示があれば、電解質や塩分、糖分を補える赤ちゃん用イオン飲料や経口補水液でもOK。少しずつ何度も与えてください。, 機嫌がよく、比較的元気があれば、おふろに入っても大丈夫。ただし、長湯は体力を消耗するので、短時間にします。, 授乳は、いつもの授乳時間のほか、30分~1時間に1回を目安に、母乳やミルクなど、飲めるものを少量ずつ与えましょう。離乳食を始めて間もない赤ちゃんは、2~3日離乳食の量を少なめにして様子を見ます。離乳食が進んでいたり卒業している場合は、食欲に応じて少しずつ与えます。メニューは食べやすく消化のよいおかゆ、うどん、野菜スープなどに。食べたがっても与えすぎないように注意して。, 下痢のうんちは肌への刺激が強いので、おむつかぶれを起こしやすいもの。うんちが出たらおむつをすぐに交換しましょう。, うんちのあとは座浴やシャワーでおしりを洗い流し、湯で絞ったガーゼでやさしくきれいにふき取ります。よく乾かしたあと、ワセリンなどの保湿剤で皮膚を保護しておきましょう。, 床などに飛び散った吐しゃ物やうんちを処理するときは、使い捨てのエプロン、マスク、手袋を着用し、ウイルスが飛び散らないように注意しながらペーパータオルなどで静かにふき取ります。ふき取ったあとは、次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤で床をふき、その後水ぶきをします。使用済みおむつはうんちを包み込んでビニール袋に密閉してから捨てます。, ママは赤ちゃんと接する時間が長いので、ママを介して、家族などに二次感染することがあります。赤ちゃんのお世話をしたり、うんちのケアなどをしたあとは、必ず石けんで手指をよく洗ってください。 2020年 「高座渋谷つばさクリニック」院長就任, 寝返りをしてうつ伏せになった後、自分で元の位置に戻れずに苦しんでいるときは、すぐに戻してあげてください。寝返り「かえり」ができるまではそばにいて様子をみてください。, 脳の機能も未発達な状態のため、寝る・起きるの切り替えがスムーズにいかず、言語を発してうなっているように見えていることがあります。, 睡眠の環境が赤ちゃんに不快感を与えている可能性があります。部屋の温度や湿度、赤ちゃんのおなかの空き具合等を再確認してください。, 赤ちゃんは、腹筋が未熟であり、腹圧をかけることが難しいです。そのため、自分の力でいきむのが苦手なので便秘をおこしやすいようです。 お風呂に入る元気がある場合も、下痢をしている時は注意が必要です。まずかけ湯をして、下半身をしっかり洗ってから湯船に入れましょう。, またお風呂上りには水分補給が大切です。体や髪もしっかり拭いて、水分で体が冷えないように注意してあげましょう。, 下痢の時に気になるのがお尻のかぶれですよね。下痢うんちは刺激が強いので、ちょっとお尻についただけでも赤くなってしまいます。, 特に何度も何度も下痢うんちが出るウイルス性急性胃腸炎の場合は注意が必要です。すぐにおむつかぶれがはじまり、体力が落ちているためとびひになることもあります。, そこで、お尻かぶれを防ぐちょっとしたコツをご紹介します。ロタウイルス感染症にかかったときでも、一度もお尻かぶれにならずに乗り越えてきた方法です。, うんちが出たら、とにかくすぐにおむつを取り替えましょう。おしっこで蒸れていてもかぶれやすくなるので、うんち漏れを防ぐためにもこまめに交換しましょう。, 市販のおしり拭きは、かぶれやすく何度も拭かなければならない下痢のお尻には刺激が強いことがあります。, 市販のおしり拭きの代わりに、カット綿をぬるま湯に浸したものでさっと洗い流してあげましょう。, 育児書には「シャワーで流す」と書いてありますが、下痢で具合の悪い子に何度もシャワーを浴びさせることはできません。, カット綿&ぬるま湯なら、おむつを外したらすぐに洗い流せますし、周囲を濡らす心配もありません。また水分量も手元で簡単に調節できます。, お尻がかぶれ始めている場合は、緑茶やほうじ茶で洗い流すと良いですよ。ペットボトルのお茶でも大丈夫です。, 下痢だけでも不快なのに、お尻かぶれが悪化するとますます子どもにストレスが溜まってしまいます。, 特にロタウイルス感染症やノロウイルス感染症など、症状が強い病気だとお風呂に入れないこともあります。こまめなおむつ交換で、かぶれを防ぎましょう。, また、日ごろからの保湿も大事です。赤ちゃんの肌はとてもデリケートなため、乾燥しがち。下痢をした時に肌が乾燥しているとダメージを受けやすいです。, お腹の不調は、成長期の赤ちゃんや子どもによく見られる症状です。危険な病気の可能性もありますが、特に病気が原因というわけではないことも少なくありません。, 危険な病気かそうでないかを見分けるコツは、発熱や嘔吐など下痢以外の症状の有無やうんちの状態、全身の状態をしっかりと確認することです。, 食欲があり、元気で機嫌もよければひとまず心配はいりません。食事に気を付けながら様子を見守りましょう。, 発熱や嘔吐など他の症状がある場合や、痛みやだるさなどで機嫌が悪い・泣くといった場合は、病気が原因で起きている下痢と考えられます。, 脱水症状を起こすこともありますし、インフルエンザなど重症化する可能性のある病気に感染していることもあります。, 普段から一番よく子どもの様子を見ているママの目だから、見抜ける病気もあります。子どもや赤ちゃんのお腹の元気度を、日ごろからこまめにチェックしてあげましょう。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪. ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/. 2 下痢の回数とうんちの形状を確認 横田俊一郎先生 ・最近のうんちの状態   下痢だけでなく嘔吐を伴うときは「授乳のあと噴水のように吐く」「遊んでいて突然吐いた」など、どのような状況で、どのくらいの頻度で吐くのか確認します。 睡眠時や授乳中、うんちでいきんでいるときなど、シーン別に原因と対策を解説してもらったので、参考にしてみてくださいね。, 院長武井智昭 1日何回くらいの下痢か、水のようなうんちか、少しやわらかい程度なのかなど、下痢の回数と状態を確認。うんちの色(白い、赤いなど)やにおいもよく観察してください。 http://kosodate-march.jp/wp/inhuruenza-kodomo14652/, 腸重積は、お腹の中で腸が重なってしまう病気です。腸の中に腸がもぐりこみ、激しく痛みます。, 発症から24時間経過すると開腹手術が必要で、遅れると腸が壊死し命にかかわることもある怖い病気です。, 早く分かった場合も自然に治ることはないので、すぐに医療機関で処置を受けなければなりません。, 下痢というよりも、いちごジャム状の特徴的な血便が出ることがポイントです。血便が出たらおむつごと持って急いで受診しましょう。, 原因がよくわかっていないため、特にできる予防も無いようです。ただしウイルス性胃腸炎の後は発症リスクが高まるという説もあるので、病後は様子を見てあげたいですね。, 食物アレルギーというと蕁麻疹などのブツブツが出るイメージがありますが、下痢にも充分注意が必要です。, 離乳食のステップアップをするときや初めての食材を食べさせるときは、下痢や吐き気などお腹の症状が無いときを選びましょう。症状が出たときにわかりやすいからです。, また「これを食べさせた後に必ず下痢をする」と感じた場合は、アレルギー科や小児科で相談してみましょう。, 下痢のほかに、全身に広がる重い蕁麻疹や息苦しさ・咳や鼻づまりなどが出たときはアナフィラキシーショックを起こしていることがあります。すぐに受診しましょう。, ちょっと下痢をしただけでも不安になって、「食物アレルギーかもしれないわ!」と食品の除去をしてしまうママもいます。, でも、乳児期はまだまだ消化器官も未発達で、下痢や便秘はよくある症状です。勝手に食品を除去してしまうと、栄養に偏りが出ることもあります。, おかしいなと感じたら自己判断で食品を除去するのではなく、症状やタイミングなどをしっかりチェックして専門医に相談してくださいね。, カンピロバクターやサルモネラ菌・病原性大腸菌・ブドウ球菌などの細菌に汚染された食べ物を食べると起こります。, 細菌感染の下痢うんちは生臭くなる場合もあり、ロタウイルス性胃腸炎やノロウィルスと違いを感じるママもいるのではないでしょうか。血便が混じることもあります。, 嘔吐や下痢などが強いケースもあり、やはり脱水症状が気になります。乳幼児の場合は水分補給が難しいと感じたらすぐに受診しましょう。, 手足口病は手足・口の中にブツブツができる乳幼児に流行しやすい病気ですが、下痢をする子も一部います。, 下痢に加え、特徴的な手足と口のブツブツがあったら手足口病の可能性があります。専用治療薬はないのですが、脱水症状を防ぐためにも受診することをおすすめします。, 俗にいう「盲腸炎」です。お腹の右下あたりを押すと強く痛みます。しかし胃やおへその周囲の痛みもあります。, 吐き気・嘔吐・食欲不振や発熱といった風邪のような症状も出ます。軽い下痢を起こすこともある病気です。, 虫垂炎は手術が必要になるケースも少なくありません。発見が遅れると腹膜炎などになり、手遅れになる場合もある怖い病気です。, 虫垂炎など、軽い下痢症状が続く病気もあります。でも「軽いから」と放置すると、危険な状態になってしまうこともあるのです。, 下痢だけでなく、痛みや吐き気・発熱、おしりかぶれなど別の症状に注意しましょう。またどの病気であっても、下痢をしている場合は必ず脱水症状に気を付けてあげたいですね。, 赤ちゃんの肌には、純国産のオーガニックのアイテムで高保湿してあげたいですよね。『ALOBABYミルクローション』は、赤ちゃんの乾燥肌対策グッズとしてとても人気です。, 乳児湿疹が改善した!新生児ニキビが落ち着いた!アトピー気味だったけど肌がつるつるになった!などの声もあるので、大切な赤ちゃんの肌を守ってくるアイテムになること間違いなしです。, 下痢の中には、病気が原因ではないものもあります。また様子を見てお家ケアをしていれば治ってしまうものもあります。おかしいなと感じたらすぐに受診してくださいね。, ロタウイルス感染症やノロウイルス感染症など、激しい下痢が続いた後に、元気になってもなんとなくお腹がゆるい状態が続くことがあります。, この状態を二次性乳糖不耐症と呼びます。感染症による下痢症状のため、腸の粘膜が傷んでいることが原因です。, 一時的に乳糖が消化しにくくなり、ミルクや牛乳・乳製品などの消化が難しくなります。そのため、泥状便のような軽い下痢状態が続きます。, ロタウイルス感染症などで激しい下痢が続いたあと、スッキリ治らないなと感じたら一時的に乳製品をひかえてみましょう。, それだけで、1~2週間もすれば良くなることがほとんどです。あとは離乳食・食事ともに普通のもので大丈夫ですし、母乳もOKとされています。, 粉ミルクが欠かせない人工乳・混合栄養の赤ちゃんは受診しましょう。不耐症とわかればノンラクトミルクなどを紹介してもらえます。, 便秘が続いたあとは、下痢っぽいゆるいうんちが出ることがあります。これもお腹の痛みが強かったり、下痢症状が続かなければ心配は必要ありません。, おむつのうんち漏れが不安なママは、便秘のあとは下痢っぽくなることを想定してこまめにチェックしてあげると良いですね。, 離乳食が進んで食べ物のウエイトが母乳・ミルクよりも重くなると、どうしても便秘しがちになります。ハイハイやあんよが始まる前の赤ちゃんは特にそうですね。, そこで、便秘が気になりはじめる離乳食中期以降は食物繊維や水分にも注目してメニューを考えると良いでしょう。, また、ハイハイやあんよが始まり運動量が増えることで、自然と便秘が解消されていく赤ちゃんも多いものです。メニューに気を付けながら成長を待ちましょう。, 小さな子どもや赤ちゃんの消化器官は未熟なので、消化不良を起こすことも少なくありません。, 食物アレルギーとまぎらわしいので不安がつのると思いますが、1度だけなら体調との兼ね合いでたまたま下痢をしただけのことも多いものです。, 軽い消化不良なら、少し安静にして様子を見ながら、消化に良いものを食べさせていれば自然と治まっていきますよ。, しかし、消化不良と思いきや食中毒や食物アレルギー・ウイルス性胃腸炎の場合もあります。下痢の後はよく体調を観察し、悪化するようならすぐに受診しましょう。, プールや冷房、寝冷えなどでお腹を冷やした時も、一時的に下痢が起きる場合があります。, 発熱や悪寒など他の症状がある場合はすでに風邪をひいてしまった可能性がありますが、下痢だけで元気なようなら様子を見ましょう。, 温かい食べ物や腹巻・パジャマの工夫などでケアしつつ、下痢が止まればあまり心配はいりません。続く場合は別の原因を疑ってみた方が良いかもしれませんね。, ストレスが原因で心因性の下痢をすることもあります。下痢をする子・便秘をする子・便秘の後で下痢になる子などさまざまです。, 赤ちゃんなら暑さや騒がしさなどの環境変化に注意してあげましょう。また園児なら運動会や生活発表会・新学年・新学期スタートなどの緊張が原因になっていることもあります。, ストレスが軽減されていけば、自然と治まるでしょう。症状が強い場合は病気がひそんでいる可能性もあります。無理をさせず、小児科を受診しましょう。, いわゆる「お腹の弱い子」と呼ばれる体質の子もいます。反復性軽症下痢とも呼ばれています。, 成長とともに「過敏性腸症候群」と呼ばれる状態になることもあります。下痢や便秘など、なんとなくお腹の不調が続く状態です。, 「体質は治らないの?」と不安になりますよね。実は、我が家のパパも生まれてこの方ずっと「お腹の弱い人生」を歩んでいます。, ひどい時は、月の3分の2は下痢をしていました。でも乳酸菌系の整腸剤や食事のバランス・睡眠時間のバランスなどを改善することで、今はかなり良くなっています。, ちょっと冷えただけで下痢をしてしまうなら、腹巻をしたり靴下をはかせるなどの工夫をしてあげましょう。, 胃腸が成長することで改善していく子もたくさんいます。気になる場合は小児科医に相談し、その子に合った改善方法を探しましょう。, 医師や薬剤師に「お腹がゆるくなりやすいので…」と言われて処方されますよね。普段と違う薬を飲むときは注意しておきましょう。, 抗生物質は特に胃腸に負担がかかりやすいことが知られています。処方箋に注意すべき副反応などが記されていますので、下痢に注意とある場合はよく様子を見ましょう。, 下痢といっても、急性胃腸炎でトイレにこもりっきりになってしまうような状態から「ちょっとうんちがゆるめかな」くらいまで、程度はさまざまです。, 下痢以外の症状がないこと、そしてうんちが出るときにお腹が痛まなければ普段通りの生活で大丈夫でしょう。, ただし元気で機嫌がよくても、何度もトイレに駆け込まなければいけない状態では園生活に支障が出ます。その場合はやはり病院へ行きましょう。, 回数はいつも通りで、軟便という場合は園に行かせても大丈夫だと思われます。その場合も園の先生に便が通常通りではないことを伝え、様子を見てもらいましょう。, 下痢をしているときにお家でできるケアをご紹介します。緊急性のない下痢なら、食事や生活にちょっと気を付けるだけでも元気になっていくことも多いものです。, 離乳食は、普通の食事に赤ちゃんの舌や消化器官を慣らしていくまでの準備期間です。下痢をした場合は一段階戻したり、ストップして胃腸の負担を減らしましょう。, お腹を壊している時は、冷たいもの・かたくて繊維質が多いもの・生もの・油ものなどは負担が大きいので避けましょう。, 温かいスープや柔らかいお粥や茶わん蒸しなどは、お腹にも優しいですね。お腹に負担が少ないものを食べさせましょう。, 下痢をしている時に一番心配なのは脱水症状です。飲めるようなら月齢・年齢にあったイオン飲料や母乳でしっかり水分補給をさせましょう。, 特に離乳食を食べている赤ちゃんの場合は、無理は禁物です。新しい食材にトライしたときなどは、下痢がおさまって体調が戻るまで様子を見ましょう。, 下痢をしている時は、火を通したものを食べさせた方が安心です。果物は口当たりが良いのですが、繊維質も多いので下痢が強い時は控えておきましょう。, 下痢をしてしまった時に、おすすめのお腹に優しいご飯ステップをご紹介します。初日の食事は1から始めましょう。, 下痢をしてしまった日は、1のだし汁だけ、もしくは豆腐汁を食べます。少しおさまってきたら雑炊、雑炊を食べても下痢が強くならなければ卵雑炊…と進めていきましょう。, だし汁より野菜スープの方が好きな子であれば、野菜スープの汁から始めても大丈夫ですよ。塩気は普段より少し薄めの方が安心です。, 下痢をしたときのデザートとしておすすめしたいのは、りんごの蒸し煮です。りんごを5ミリ程度のいちょう切りにし、テフロンフライパンで蓋をして蒸し煮にします。, スプーン1杯の水を入れ、焦がさないように弱火でことこと加熱しましょう。りんごの水分が一度出て、再びなくなったら完成です。, りんごにはペクチンという成分が入っていて、うんちを固める効果があるといわれています。お腹にも優しく口当たりもよいデザートです。, 下痢や嘔吐では、カリウムやナトリウムといった電解質が奪われてしまうため、ただ水を飲ませるだけではいけません。, 水を飲ませるだけだと、逆に体内の塩分濃度を下げてしまうことになるため、危険な状態になることも。経口補水液を飲ませたり、イオン水などを補給するようにしましょう。, お風呂は、下痢の強さや体調の悪さ・発熱などを総合的に見て判断しましょう。軽い下痢やお腹のゆるさだけで、あとは元気なら問題ないでしょう。, 発熱や悪寒・全身のだるさなどの症状がある場合や、何度も下痢をして体力が落ちているときはお風呂は控えましょう。, 特に脱水症状の危険があるときは、お風呂で発汗することで余計に脱水が進んでしまう可能性があります。, お風呂に入れる場合の注意

3歳 おもちゃ 手作り, コンビ ネルーム エッグショック Nc-570, 東海道新幹線 料金 割引, 大阪 松山 バス, すき焼き しめ うどん, Apple Music ファミリープラン, Surface ペン 書けない, 汗拭きシート 顔用 おすすめ, Visual Studio Code ワークスペース 削除, アイビスペイント 漫画 ペン, 未読 する 女友達, 山芋 ふわふわ焼き フライパン, エアマックス コーデ メンズ 海外, 山形大学 オープンキャンパス 2020, 犬 ドッグフード 飽きない, セント クレア ヒルズ 大分, 楽天 ダイヤモンド会員 ラウンジ, クリスマス お菓子 キャラクター, Google検索 ショートカット Iphone, 金券ショップ 浜松 ドンキホーテ, 淡路島 日帰り温泉 コロナ, ために Grammar N4, 100均 造花 ブーケ, ジングルベル 日本 語 カラオケ, トラックメイカー 始め 方, Iphone 4k動画 圧縮, 天空の城ラピュタ Full Movie, タイ人 肌 綺麗,

LEAVE A REPLY:

(this will not be shared)
(optional field)

No comments yet.